老後に安心の家とは

歳をとると筋力が低下し手足の動きが鈍くなって小さな段差でつまづいたり階段で転倒するなどの事故につながりやすくなります。

まずは戸  浴室やトイレを引戸にすると開け閉めが楽で出入りの動線がらくになる。

次に段差 わかりづらい段差には百均を利用して目印を

通路や出入り口の幅はできれば85cm 最低78cmは欲しい所

トイレも130幅があると車椅子等で後々利用しやすくできる。

浴室は高齢者にとって滑りやすく急な温度変化で体調を崩しやすい場所である。

何よりも窓 夏は外から家の中に入ってくる熱の60%は窓から。

窓に内窓をつけたり、高性能な窓に変えるのもお勧めです。

おすすめ記事

-お役立ち情報

© 2021 Colombages コロンバージュ Powered by AFFINGER5